英語の長続きをお手伝い

本とメガネ

ポジティブの連鎖で効率的

スピードラーニング高評価の理由に、「長続きしやすい」が挙げられます。簡単、らくちん、うれしい、というポジティブな評価が多く、学習に大切な持続性をクリアしやすいのです。ポジティブな気分だと勉強効率も上がるので、スピードラーニングの評価はさらに高まります。どのような気分で勉強するのかは、効率面でとても重要です。嫌だと思いながら勉強すると、脳がストレスを感じ、記憶能力が低下してしまいます。逆にポジティブな気分で勉強すれば、脳のリソースをすべて勉強に向けられるので、記憶能力が向上するのです。勉強はできればやりたくない、ネガティブなイメージがあります。「考えてもわからない」、「いつまでも成果が出ない」とストレスが増えれば増えるほど、辞めたくなるのです。これはネガティブがネガティブを生み、勉強効率がどんどん落ちる負の連鎖だと言えます。ところが、スピードラーニングは同じフレーズの英会話を聞き続けるだけ。これ以上なくシンプルな方法です。短時間かつ簡単な作業なので、ストレスはありません。「これなら続けられる」という評価が、スピードラーニングで感じる最初のポジティブです。そして「これだけ続けられた」、「聞いた英語が頭に残るようになった」、「自分で発音してみたらちょっと賢くなった気がした」と、些細な喜びが増えていきます。ポジティブな感情が増えていくと、「もっと英語を聞きたい、話したい」とスピードラーニングの利用頻度も増えていきます。ポジティブの連鎖によって、勉強効率が大きくなるのです。