円滑なコミュニケーション

アルファベット

公用語をマスターする

英語は世界の公用語であり、昔よりも英語を耳にする機会が増えてきています。学校では英語の授業時間が長くなり、英語を重視する傾向は強くなってきています。英語の利用する目的は大きく2つあります。1つは留学や旅行です。学生時代にアメリカやイギリスをはじめ海外に留学して学ぶ場合には英語は必須です。その為事前に英会話を学んでおく必要があります。留学や旅行の為の英語は英会話教室で専門のクラスがあり、短期集中で学ぶ事も可能です。基本的な英会話が出来ると留学してからの幅が大きく広がります。2つ目の目的はビジネスでの英語です。商社等では英語を仕事上で使う事が多い上、海外出張などもありビジネス英会話が必要です。また外資系の会社では上司が外国人である事も多々あるので、上司とのコミュニケーションをとるには英語が必須です。また近年は国内企業でも英語力を問うケースや英語が出世する為には必要な会社も増えてきています。このようなビジネス上の英語は専門用語が難しいので簡単には覚えられません。そこで英会話教室ではビジネス英語の専門コースがある等専門的に学ぶ事が効果的です。このように英語を学ぶ理由は大きく2つに分かれますが、これ以外にも英語を使う事で英語が母国語でない人達と会話も可能になります。英語は常に使い続けないと忘れてしまいますので、英字新聞を読む、英語のニュースを聞く等して日ごろから英語に慣れ親しむ事が英会を学ぶ為には必要です。